FXのテクニカル指標とは?

テクニカル指標とは過去のレートの変動を分析する事によって未来の為替レートを予想しようと言うものです。
テクニカル指標は時代と共に色々なものが考案されてきています。
ですから、古いものもあれば新しいものもあり、通貨ペアによって相性もありますから、FXを取引する場合にはテクニカル指標の選び方が非常に重要なものとなってくるのです。
テクニカル指標にはトレンド系のテクニカル指標とオシレーター系のテクニカル指標とがあります。
トレンド系のテクニカル指標とは相場の大きな流れを見るためのものです。
「漁師は潮を見る」と言いますが、相場の大きな流れを見る事によってリスクを減らしたトレードが出来るのです。
トレンド系のテクニカル指標としては、移動平均線とボリンジャーバンド、ADXがよく使われるものです。
割高だと判断すれば売る事になりますし、割安と判断すれば買う事になるでしょう。
これがオシレーター系のテクニカル指標なのですが、代表的なものとしてはRSI、ストキャスティクス、MACDなどがあります。
テクニカル指標の選び方ですが、完璧なものはありまません。
ですから通貨ペアにあったものや自分の使いやすいものを選べばよいのですが、トレンド系のテクニカル指標とオシレーター系のテクニカル指標の両方を使うのが良いでしょう。